もしかして自分だけは大丈夫かも?

私は地方の田舎に住む三十代です。これは私の髪の毛に対する何の根拠もない自信がゆっくりと失われた経験をお話しします。私の家系は残念なことにかなりの高確率で薄毛の家系でした。しかし、十代の頃の私は他の同級生と比べてもかなりの剛毛で毛量も多く髪型のセットに苦労するほどでした。ニューモ

その当時は自分は大丈夫と漠然と自身がありました。しかし、二十代に入りゆっくりと侵攻は始まりました。髪の毛の太さと言うか強さと言うんでしょうか、それがまず最初に失われていきました。学校卒業後飲食店に勤めていた私は、激務ににおわれ、かなり不摂生な生活を送っていたため、多少毛が細くなった。

位にしか思っていませんでした。二十代半ばに入りある時ふと少しおでこが広くなったと感じ、何となくついでに手鏡をつかって自分の頭頂部を確認したところ、十代の頃より明らかに薄くなっていました。この時もまだ私はストレスが原因だとかシャンプーをノンシリコンに変えれば大丈夫と言う様な根拠のない自信をもっていました。いや、今思えば薄毛の不安と向き合うのが恐ろしくて、適当な理由をつけて逃げていたんだと思います。

そして三十代に入りやっと自分の髪が薄くなり始めている危機感を覚えました。ひたすらネットの情報を調べ、頭皮マッサージやサプリメントなどを試しだしました。この時ですらまだこのサプリを飲めば大丈夫、このマッサージをしていれば大丈夫かもと、自分でも信じられないほどの希望的観測でした。

今ではシャワーを浴びると頭皮がかなりの割合でむき出しになります。もはやここまで、さすがに私も自信を完全に失い病院に行こうと思っています。結論私はゆっくりと侵攻する薄毛に不安を覚えながらも自分をごまかし、自分を騙し、ここまで来てしまいました。もっと早く行っていればと悔やんでいます。どうか皆さんが手遅れになる前に自分の髪とむきあえます様に。