発毛の仕組みについて

薄毛や育毛について考える場合、まず発毛の仕組みについて知っておく必要があります。

発毛について詳しく知ることで、薄毛や育毛についても正確な理解が可能になります。ベルタヘアローションを辛口評価!

ではまず、人間の髪の毛は何本くらいあるか知っているでしょうか。

平均ではおよそ10万本と言われていますが、6万~14万本と人によって幅があり、中には15万本という人もいます。

そして、一箇所の毛穴からは複数の毛髪が生えています。

では、その構造はどうなっているのかというと、まず地肌の外に出ている部分は「毛幹」と呼ばれ、これがいわゆる毛髪です。

表皮の下には「毛根」が埋まっており、さやのようにこれを包んでいるのが「毛皮」。

その周囲には毛細血管が張り巡らされており、毛髪に必要な栄養分などを届けています。

そして、毛根の根元には「毛球」があります。

ハサミのように先が割れており、そのくぼんだ所にあるのが「毛乳頭」です。

そして、毛包の底には「毛母細胞」があります。

これが頭髪のもととなる物で、毛細血管から採り入れた栄養分などを使い、成長していきます。

つまり、毛母細胞が「KGF」などの細胞成長因子からシグナルを受けて細胞分裂を行い、毛髪と毛包の組織に分かれ、その過程で毛母細胞が角化して硬い毛髪が作られていくのです。