なるべく歩くことで太りにくい体に。気持ちのリフレッシュにも!

私が日々の日課にしているのはウォーキングです。

とは言っても、気合いを入れてウォーキングに出かけるというよりは、何か用事があるときや、仕事に行くときに、なるべく車や電車を使わずに歩いていくという簡単なもの。

いつも歩いて行動していると、食べても太ることがなくなります。

http://marcilly-en-gault.com/
また、歩くことは、太腿の筋肉を動かすことになります。

このような大きな筋肉を使うことは、気持ちの切り替えにも効果的で、悩みごとがあるときにもオススメです。

だいたい20分ぐらい歩けば、次第と前向きな気持ちになり、明るい考えが浮かんできたりします。

ふさいだ気分でいると、どうしても食べることで気を紛らせたりしたくなるもの。

甘いものに癒しを求めてしまうことも。

ウォーキングはそんな状態をリセットすることができます。

それから、この20分というのは、体の代謝が上がりはじめる時間でもあり、新陳代謝を活発にさせるメリットも。

そうすることでカロリーを消費しやすい体になり、太りにくくなります。

汗をかくことで肌の代謝も良くなり、乾燥やくすみなどのトラブルも改善しました。

しかし、ただ歩くというのは、テンポの速い現代では退屈に感じるもの。

面倒になったりすることもあります。

そんなときはお気に入りの音楽を聴きながら歩くことがオススメです。

また、あえて何も考えずに、瞑想のような時間にすることも最近では提唱されていて、街の音、自然の景色、風が肌にあたる様子などを、ただただ感じながら歩くことも、脳に良い影響を与えられるそうです。