押さえておきたい口臭の原因

自分の口臭で周囲に悪いイメージを与えていないかなど、どうしてもエチケットとして気にしてしまうものです。では、口臭はどのような要因で発せられるものなのでしょうか。口臭には大きく分けて5種類あります。1つ目が、「生理的口臭」です。https://nathancenter.org/

これは、起床時や空腹時など、唾液の分泌が減少することが原因で口内の細菌が増殖して口臭の原因物質が多く分泌されるために生じるものです。歯磨きや食事等で口内環境を清潔に保ち、唾液の分泌を増やすことで口臭を和らげることができます。

2つ目は、ニンニクなど、「飲食物による口臭」です。3つ目は「病的口臭」です。呼吸器系の病気などで生じる場合もあるものの、大部分は歯周病や虫歯といった口内トラブルが原因で発生する口臭です。この場合、医療機関で適切な治療を受診しなければ口臭の解消は難しいでしょう。

4つ目は、「ストレスによる口臭」です。ストレスを感じると、どうしても唾液の分泌量が減少し、口臭の発生につながってしまいます。5つ目は、「心理的口臭」です。実際には口臭の発生はないにもかかわらず、自分は口臭が強いなどと自分自身で思い込んでいる場合があります。

口臭はどうしても他の人を不快にしてしまうものです。しかし、原因に対してそれぞれ対処していけば発生を抑制することができます。そして、きちんとケアをしていれば過度に気にする必要はありません。しっかりとオーラルケアをおこない、自分も周囲の人も快適に過ごせるよう心がけていくことが重要です。