気付いたらシミとほうれい線が目立っていました。どうしたらいいの?

子供が産まれて育児に追われていて全く鏡を見ていなかった私は久々に鏡を見て衝撃をうけました。まだギリギリ20代だし気持ちは20代前半だし(関係なくない?)自分にシミやほうれい線ができるなんて思ってもいませんでした。

特にほうれい線!え?まだ20代だよ?ギリギリだけど・・・と思いながらも何度みてもシミとほうれい線ができていました。あまり家から出ていなかったし家から出るときは日焼け止めも塗っていたし、急にこんな目立つようにシミってできるものなの?と思いました。

気づけなかった自分が情けないですね。ほうれい線も口元をみたら線が完全に出ています。勝手にほうれい線というのは40代とか50代から出るものだと思っていたしよく見たらほうれい線があるから老けて見えるようになった気がします。シロジャムを使った私の予想外の口コミ

口角も下がっているように見えるし、確かにお肌のお手入れは後回しにしていたし、お風呂のあと乾燥していてもすぐに化粧水とかは使わずに自分のケアは後回しにしていました。

ほとんどしていなかったかもしれません(泣)どんなにお手入れしてもシミは薄くならないしほうれい線もどんどん目立つようになっている気がするし、シミもほうれい線もできてから目立つまでは早いのにシミやほうれい線をなくすのにこんなに時間がかかりとは思っていませんでした。完全に甘くみていました。本当にどうしたら良いのでしょうか。

大人の肌は気まぐれ!

2年前に30代に突入しましたが、

元々ものぐさな性格でスキンケアもサボりがちだったので、20代の頃と同じようなケアをそのまま続けていました。

ですが、やっぱり肌は正直物でした…泣

ビハキュアは効果

若い頃には気にならなかった

お肌の弾力や、目の下のクマがどんどん酷くなっていく…。

その一方で、

フェイスラインのニキビは生理の周期に合わせてホルモンバランスが崩れる度に大量発生…泣

冬になると乾燥も気になるし、

保湿を怠ると乾燥が原因で鼻はテカってきます…。

本当にワガママな肌でとても困っています。

更に、敏感肌なので少しの刺激で痒くなったりしてしまうので、基礎化粧品をいろんなお店やコスメブランドを巡っては、あれでもない、これでもないと、ひたすらに試す日々。

ジプシー状態でした。

今現在は、化学原料などを一切使っていないような化粧水や乳液、フェイスクリームなど、

オーガニックコスメのお店で自分の肌に合うものを探して使っています。

そういったオーガニックコスメの製品は、

香りの良いものも多いです。

お風呂あがりに顔全体に化粧水をかけて、深呼吸。

すると、香りで心も癒され呼吸も深くなり、

自律神経を整える事も出来るので、一石二鳥です。

肌を整えるためには、体の内側を整える事も重要だと、最近気づきました。

肌もメンタルも、同じくらいに大事にケアしたいですね。

正しい洗顔方法って何?

皆さんは正しい洗顔方法と間違えた洗顔方法って知ってますか?朝起きて洗顔して、夜寝る前に洗顔してそれをしてるのになぜ?って思う事ありませんか?洗顔の目的の意味をあまり私は詳しくありませんでした。調べて見ると洗顔の目的はなんと。酸化した皮脂やメイクを落とすと言う目的だったのです。私はそれに気づかず…。

http://www.rabbisagainstgunviolence.org/

ゴシゴシ洗顔をしてました。それをする事によりお肌に必要な皮脂や、潤いまで洗い流してしまってたのです。間違えた洗顔により失われたものいつもより紫外線を受けやすくなってり、ターンオーバーの乱れでした。その為に、シミ、しわ、乾燥に逆に悩まされる事になりました。

それを改善するには何が1番良いのか調べました??まずは洗顔方法から見直す事にしました??刺激を与えすぎないようたっぷりの泡でゴシゴシせず泡を乗せた感じで洗うようにする。肌に不必要な物を与えすぎないようにする。肌本来の力を発揮するようする事で自らの力により綺麗になろうとするのではないかと思います。

このシンプルなケアが1番なのではないかと考えました。そうすることにより、キメを整え、潤いを与えるのではないでしょうか。何か物に頼りすぎるが故に肌本来の力を発揮されないのであれば発揮させてあげればいいのではないでしょうか。

年中悩まされるお肌の乾燥

ずっと顔まわり・とくに鼻の乾燥に悩まされています。あまり同じような悩みを聞かないのですが、洗顔後に顔の皮がポロポロむけてしまいます。ピーリングジェルを使用しているわけではありません。普通の洗顔料で泡だてて優しく洗っています。

PLUEST(プルエスト)の悪い口コミを徹底検証!効果なしの悪評は嘘?

タオルもふわふわした優しい質感のものにして触れるか触れないかくらいでタオルドライしています。にも関わらず、5分ほどで鼻まわり中心にパサパサ乾燥してくるのです。これじゃまるで干上がった大地…。洗顔料が悪いのかと思い天然成分・オーガニックやらオールイワンやらも試しましたが効果なし。

ハトムギ化粧水からDHCの美白クリームに変えてからちょっと改善した気もしますが、肌のごわごわ具合をみるとまだイマイチのようです。クリームに変えてもぎゅっと寄せたようなしわしわなお鼻なので、年頃のすっぴんでこれは少し落ち込みます。

皮が剥けるので乾燥肌には違いないのですが、原因がわからず困っています。ただ、別段皮膚が弱いわけではなく、コスメもどのブランドも問題なく使えてきたので、ケア用品の成分が原因な訳ではなさそうです。これからも原因を探りながらお肌の悩みの原因を探っていこうと思います。次はキャリアオイルで手作りクリームも悪くないかなとか考えています。

冬場の乾燥肌が本当に辛い

普段の自分の顔を清潔に保つことや素晴らしい顔っでいつでも、素敵な人生を楽しんでいくことは多くのかたにとっても大切なこととなります。男女問わずスキンケアに関するきちんとした知識やノウハウをもつことで、より素敵な自分でいられます。http://www.standrewscleveland.org/

私は子供の頃から乾燥肌で悩むことが多い人間でした。冬になると顔や全身に過度のかゆみを感じることが多くなってしまうのです。学生の頃などはこのような状態でも多くの問題なく多少、かさついた肌でも生活をすることはできましたし、友人のみの人間関係であればそれほど大きな支障をきたすことはなかったのです。

しかし、社会人となって、自分が営業として働くことになると、自分の顔にはやはり責任をもたなければならなくなります。冬場でも部屋で加湿器をたいて潤いをキープしたり、洗顔料なども控え、なるべくニベアを持ち歩き、定期的に肌のメンテナンスを試食場や家を問わずおこなっていくのです。

このような努力を普段から継続的におこなっていくことで、乾燥肌のカサカサ感や?くことによる肌荒れから自分を守っていくことができます。普段からこのような方法で適切に自分の肌をメンテナンスすることで、対人関係にも大きな影響を及ぼします。

清潔感はその人の第1印象を決める大きな要因ですから、是非、大切にしていかなければなりません。

卵効果とコレステロールを紹介します

朝食には、毎日と言っていいほど卵を食べています

小さい頃は、卵かけご飯が大好きでよく食べていたのを覚えています。

そして卵は、タンパク質が豊富で栄養価が高いと思っていますが、その効果と

コレステロールについて調べてみました。
http://www.mensajesdereflexion.org/

効果:動脈硬化予防・肝臓機能強化・老化防止・骨粗鬆症予防・貧血予防・疲労回復・眼精疲労緩和・ボケ防止・風邪予防・体力向上・滋養強壮・他

美容:美肌・美髪・ダイエット・脂肪が溜まりにくい・女性ホルモンを分泌する。

老化予防に効果的です。

コレステロールについては、個人差はあるものの、1日1~2個程度は食べても大丈夫とされている。

コレステロールを気にして卵は1日に1個までと考えている人は多いかと思われますが、毎日食べても大丈夫というのは、あくまでも健康な人の場合。

卵はカロリーが高いので、摂取カロリーにも注意する。

非常にカロリーが高い食品で、食べ過ぎると摂取カロリーが過剰になってしまい、肥満などに繋がります。

肥満によってコレステロール値があがってしまう事もあるので食べすぎには注意する。

卵には、色々な効果と、女性の味方にもなる食品だと良く分かりました。

健康的な人は毎日食べても良いとのことですが、カロリーを気にする方は食べ過ぎには気を付けましょう。卵は栄養成分が豊富に含まれていますが、過剰に摂取すると逆効果になります。

卵を使った料理はたくさんあるので色々とアレンジをしながら卵料理を楽しみたいと思っています。

最高のスキンケアとは何か

肌がキレイな女性は同じ年齢の肌がキレイじゃない人に比べて、実年齢よりも若々しく見えるしその人の魅力が何倍もアップするポイントの一つだと思います。世の中には肌をキレイにするための美容液やケア商品が何万種類と販売されていますし、エステや美容整形などの少々お値段の張る美容方法も多くあります。

しかし多くの女性が肌をキレイに保つために多くの苦労を重ね続けています。何故ならば肌は人によって違うからです。どの美容液が自分に合うのか、どんなケアが自分の肌には一番効果的なのか、自分の肌に合うケア方法を見つけるということが一番の困難な道だと思います。ハクアージュ

しかも年齢を重ねるに連れて、または季節や環境の変化によって必要なケアは変わってきます。その都度その時の自分の肌に合うケアをしていけなければなりません。肌のケアは女性が一生向き合い続けなければならない問題です。どんなに高級な美容液を使っても実はドラックストアに売っているプチプラのケア用品の方がその人の肌に合っていたりすることがあったり、お金をかければいいものでもありません。

だかこそ肌のケアに関連する商品や業界は常に研究や改良を重ねられて新製品などが続々と販売されていたり新しいケアが考案されているのだと思います。これからも今の自分にベストなケアを探し続ける女性たちの探究心は収まる事は無いでしょう。

イチゴ鼻、どうやって治すの?

突然ですが、お肌に関する悩みをもつ方、非常に多いのではないでしょうか。

nokenokeは特に、「毛穴の黒ずみ」、いわゆるイチゴ鼻に長年悩まされています…

今回のテーマは、ズバリ、毛穴の黒ずみです!

では、見ていきましょう~

①イチゴ鼻の原因は?

 イチゴ鼻を治したい!と思っても、原因がわからなければ治すのは難しいですよね?

そこで、まずはその原因について見ていきたいと思います。

 イチゴ鼻とはそもそも、皮脂や角質などが毛穴に詰まって角栓となり、それが空気に触れて酸化することで黒くなった鼻のことです。

原因は様々挙げられますが、私の考える一番起こりやすい原因は

「皮脂が過剰に分泌される環境にしてしまっているから」!

皮脂が過剰に分泌されてしまうのは、皮膚の水分蒸発を防ぐ働きを持つ皮脂が少なくなるからです。

では、どのように改善すればよいのでしょうか。

②イチゴ鼻の撃退法!

 私の体験談としてまず、おすすめできないのは、毛穴パックです。

私は中学生のころから始めていました。もちろん角栓は目に見えて取れていることがわかるのでうれしいのですが、

毛穴が開いたまま数日過ごすことになるので、また角栓ができて…、で、毛穴パックして…の繰り返しでした。

イタチごっこのようで、全く回復せず…

しかも、力ずくで角栓を取っているようなものなので、お肌へのダメージも大きいです。http://swachhtaactionplan.com/

 私が現在続けているのは、

「クレンジング→洗顔→化粧水・乳液・美容液」という方法です。

ポイントは、洗顔に使用しているのが有名な「モッチスキン」であるということです。

まず、クレンジングについてです。

クレンジングは化粧落としのイメージですが、お肌の汚れ、毛穴の汚れを取る働きもあるんです!

まず、クレンジングで大方の皮脂等の汚れを取り、モッチスキンで残った毛穴の汚れを取ってしまうのです。

そして、忘れていけないのは、イチゴ鼻の原因が皮脂の過剰分泌であること。つまり、保湿が足りていないということなんです。

なので、化粧水・乳液・美容液でしっかりとお肌のケアをします。

いかがでしょうか。これはあくまでも自己流ではあるのですが、参考になった!という方が少しでもいれば嬉しいです。

nokenokeの問題点は、あまり長く続かないことです。

頑張らなければ…(笑)

みなさんも黒ずみのない、すてきなお鼻を手に入れましょう!

鏡を見る度がっかり。40代後半主婦の悩みとは。

40代後半を迎え、鏡を見る度がっかりするようになりました。

シミや目尻のシワ、ほうれい線、たるみが目立ち、人と会う時はメイクなしでは恥ずかしい。

病院に行く時も内科と歯科以外はメイクして行きます。

去年、祖母が亡くなり、久しぶりに3歳下の従姉妹に会いました。

彼女は色白で、きれいになっていました。

そして、一番びっくりしたのは母の従姉妹で、70歳間近でありながら、どう見ても50代にしか見えないのです。

ちなみに母とは同い年です。

父も同い年で、この3人は高校も同じだったとか。

並んでみると、母が一番年上に見えました。

母は、30代から化粧品のセールスをしており、良い化粧品をいっぱい使っていたのに。

ちなみに私は、ちふれを愛用しています。

色々試した結果、ちふれが一番合う気がします。

肌がしっとりするようになったし、シミも少し薄くなったように見えます。

私は、子宮腺筋症の治療をしており、ジエノゲストというホルモン剤を毎日飲んでいます。

ジエノゲストを飲むようになって、老化が加速してしまいました。

治療としては効果があるものの、その副作用として老化が加速してしまうのは何とも辛い。

もう、50代になった気分です。

私の子供は、まだ小学生です。

若いお母さんの中に入っていく勇気が持てません。

これから私の肌はどうなるんでしょう。

治療もやめることができず、悩みは続きそうです。http://www.leilaniwolfgrammmusic.com/

30代のお肌の悩みは盛りだくさん

30代でお肌の曲がり角に突入してから、色々な肌の転機が訪れました。

①今まで使っていた化粧品が合わなくなって、肌トラブルが出てくる

もともとズボラだった私は、基礎化粧品はプチプラの化粧水のみを使っていました。一応敏感肌用の肌に優しいタイプで@コスメなどでも高評価の化粧水です。特に不満もなかったです。しかし、30歳を過ぎた頃から、その化粧水だけだと、なんというか肌がゴワゴワするような感じがするようになりました。ゴワゴワしすぎて、痒みが出てきて、赤いポツポツができるようになりました。ビハククリアは市販で購入できる?

なので皮膚科にお世話になることに。そこから化粧品を何社も変えて、結局落ち着いたのは、アンチエイジング機能のある敏感肌用化粧水です。そしてそのあと、皮膚科でもらったクリームを塗っています。化粧水の値段は約5倍くらいに跳ね上がりました。(笑)

②たるみが気になる

@コスメなどで高評価のプチプラの化粧品もたくさん試したのですが、良くも悪くもナチュラルな効果です。なので使い続けることで、年相応に老けてしまいます。ある日、写真を撮られる機会があって、自分の顔の老け具合にびっくり。いつのまに?!全体的に肌がたるんでいるような・・・。アンチエイジングの必要性を強く感じたのを覚えています。