乾燥肌?オイリー肌?いえ、混合肌です。

肌の乾燥やテカリでお悩みの方は多いと思います。http://pompanotoday.com/

私の悩みは乾燥、テカリのどちらかではなく、どちらもです。

基本Tゾーンはテカリ、ベタつきがあり、Uゾーンはかさつきます。

鼻はとくにテカリます。「テカリ防止」と謳うメイク用品いくつも試しましたが効果はありません。

おでこも前髪が助長しているのか、かなりベタつきます。テカルので前髪を上げることもできません。

その点、Uゾーンと呼ばれる頬や顎はかさつきます。

保湿していますが、少しマシになる程度です。

一番私が悩んだのが、化粧品の選び方です。

テカリを防ぐものを使えば、頬や顎はかさつき、

逆を使えばテカリがすごいことになります。

今は、箇所によって使用する化粧品、下地を変えていますが、

鼻のテカリを一向におさまらないのが現状です。

夜に顔パックするときに、保湿目的で行いますがこの場合鼻も必要かなととても悩みます。

なので鼻だけ布を当てないように顔パックをします。

インターネットの情報ではテカリには保湿も大事というものがありますが、

これ以上悪化するのがこわいため保湿パックは使えずにいます。

混合肌ですと、お肌のメンテナスのしかたが一通りではないのでとても困ります。

どちらの肌に合わせるのが適切か、どちらにもあう方法があるのか、今は悩みながら研究中です。

太っていた原因は結局、、、。

私はすごく太っているわけではなく、運動をしていたこともありガッチリ体系でした。

163センチで59キロでした。http://www.transtudies.org/

仲の良い周りの友達はほとんど痩せ型で一緒にいると私の大きさが引き立って見えていました。

夏に向け半年前から本気でダイエットを始めました。

まず、私はスナック大好き!じゃがりこ大好き!!だったのを我慢することにしました。

コンビニには極力行かないスーパーでもお菓子コーナーに行かない!

それだけで2週間で2キロ落ちました!(どれだけお菓子食べてたの!?)

そして通勤で使う駅では階段移動を徹底しました。

早く仕事が終わった日は一駅前で降りて歩いて帰りました。(3キロくらい)

飲み会は普段通り週1回は我慢せず飲んで食べていました。

特にきついトレーニングや食事制限はしていません。

腹筋を寝る前に30回ほど。

そんなことをしている私ですが、その前までは何かとサプリメントやダイエット食品を購入していました。

カプセルや錠剤、ゼリー状のもや置き換えダイエット、キャベツダイエットや離乳食ダイエット etc…

とにかくネットで見つけたダイエットをとりあえずやってみる!といった感じでした。

少しやって飽きてしまい効果が出るまで続けたことがありませんでした。

しかし、このダイエットは

・余計なお菓子を食べない

・階段を使う

・意識して歩く

これだけです!これだけで半年で6キロ痩せました!!(59キロ→53キロ)

結局、動くことが一番大事ということが分かったダイエットでした。

でもそれすら面倒になり、2キロリバウンドしている怠け者です。。。

また夏にむけて歩くぞーー!!

「総コレステロール」と「中性脂肪」を落とす方法

 血液検査をすると「総コレステロール」と「中性脂肪」でひっかかる人がいます。ラクビは市販で購入可能?店舗での取り扱いを調査した結果…!

この2つの値が高いと、血液がドロドロしている証拠。この状態を放ったらかしにしていると脳や心臓の機能を停止させてしまう危険要素があると言われています。では、この危険な状態を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

とある脳神経内科の医師はNHKで放送されている「みんなの体操」で行われている所作を丁寧に運動すること。また、ウォーキングか自転車をこぐ動作を30分以上行うことを推奨していました。

しかし、ダイエット効果が得られず、どんなに運動をしても「コレステロール」や「中性脂肪」の値が下がらない人もいます。そのような方は、遺伝的体質によって痩せることが出来ない為、薬(ここでは具体的な薬の名前をあえて挙げません)の力を借りて、値を下げる必要性があり、投薬が必要となります。なお、総コレステロールは130~220。中性脂肪は30~149が平均値です。この値が2倍以上になり、尚且つ何カ月も続く場合は直ぐにかかりつけ医に相談しましょう。

市販のサプリメント等もありますが、きちんと血液検査をして健康を維持することもダイエットには必要なことです。健康と美を維持するために、こまめに検診を受けることは病気の早期発見にもつながるので、是非ともおすすめします。

私の初恋についてです。

忘れもしない私の初恋は小学生の時です。あのときはまだ恋愛のれの時も知らない初々しさがありました。当時の私は何度も何度も好きなひとのことをじろじろとみる変な人でした。そんな私が恋をしたのは小学校三年生の時です。当時私がいたクラスにある一人の男の子が引っ越してきました。

http://esperanto-ra.org/

その男の子はとてもかっこよく私の他にもみんなからすかれていましたのできっと他の人からも気に入られていたことと思います。ただ話をたくさんできたことも恋愛の対象になっていたと思うのですが、なんとその人は私の席の前に座ることになったのです。

授業中はずっとやり取りしていましたし、小さく手紙をおって今こうしてるよみたいな感じで色々と言葉でのやり取りをしていました。なかなか楽しい思い出がありましたね。結局私はバレンタインデーにその男の子とあと一人の子に手作りのクッキーをあげることになりました。

けっこう頑張って作ったので喜んでくれたのを覚えています。それ以降クラス替えもあってなかなか話す機会もなくなってしまいましたが今でも鮮明に覚えているのは毎日笑顔が耐えなかったということです。あの淡い初恋をまた思い出すとは思ってもいませんでしたがとてもいい経験でした。

私はダイエットのために夕飯は食べていません。

私はダイエットのために夕飯は子供や主人の分だけ食べてあとは食べていません。ラクビを売ってる場所はどこ?

その理由は夜食べると太るからです。私は昔から太っていてなかなか痩せませんでした。なので最近は太っているのが嫌なので夜だけ抜くことを継続しているのです。特に最近ですが私は夜子供と主人の分だけ夕飯を作ってそのときに少しだけ味見をしますので夕飯はあまり食べないようにしているのです。

正直言うとなかなか気持ちがいいものではないのですがそのぶん子供たちがパクパク食べている姿を見るだけでもいい調子なので嬉しく思っています。また子供がおかわりといってくれるのが一番うれしいので多目に作っています。

それなのですが私は食べないように気を付けるために残っているものはすべてタッパーに写して早めのうちに冷蔵庫の中へしまってしまっています。なかなか見ていると食べたくなるものですからそういったことがないように気を付けているのです。私は気持ちが焦ってしまうとなかなか思うように行かない人間です。

なのでこの気持ちを押さえるためにもしっかりとして物事を行おうと考えています。正直子供のために夕飯を作ることは、あまり得意ではありません。でも頑張っています。

顔の筋肉はエチケット

老化現象って避けて通りたい。機能ドラマで懐かしい女優さんんを拝見しました。30代になっても制服が似合いそうな幼顔の女性でしたがどこか老けたような印象が。

鍛神(きたしん)の悪い口コミや悪評を徹底検証!

見た目はかわいいしもっちりはだに薄化粧なのにどこか違う。この本物の10代と10代の顔立ちしてるのに疲れたような印象を受けるのはなんなのか、顔の張りをっ支える筋肉が弱まっているのかな。

顔の大きさが10代特有のそれと違うのかといろいろ考えたのですが、結局違いが分からず惜しい思いをしました。老け顔の私には関係がないかもしれませんが、やっぱり若さを保つには筋肉の張りが欠かせない。元がいいのに、たるんでないのに、どうしてこんな現象が起きているのか本当に不思議でした。

私も毎日やろうって項目に顔の体操が複数あります。瞼や口、顔のバランスを整えるのにやっていて効果は実感しているのですが、もっち罹患というか。ふっくらした肌は自分ではできません。脂肪だけついてもだめだからそれを支える筋肉をもう少し鍛えて見にくい顔脱却、適度な清潔感も社会人のエチケットですからもう少し心掛けたいものです。

その為に、見本となる同年代の女優さんとか探してみようかな。高校生の時見た雑誌のモデルさんがいま女優で活躍しているし。

押さえておきたい口臭の原因

自分の口臭で周囲に悪いイメージを与えていないかなど、どうしてもエチケットとして気にしてしまうものです。では、口臭はどのような要因で発せられるものなのでしょうか。口臭には大きく分けて5種類あります。1つ目が、「生理的口臭」です。https://nathancenter.org/

これは、起床時や空腹時など、唾液の分泌が減少することが原因で口内の細菌が増殖して口臭の原因物質が多く分泌されるために生じるものです。歯磨きや食事等で口内環境を清潔に保ち、唾液の分泌を増やすことで口臭を和らげることができます。

2つ目は、ニンニクなど、「飲食物による口臭」です。3つ目は「病的口臭」です。呼吸器系の病気などで生じる場合もあるものの、大部分は歯周病や虫歯といった口内トラブルが原因で発生する口臭です。この場合、医療機関で適切な治療を受診しなければ口臭の解消は難しいでしょう。

4つ目は、「ストレスによる口臭」です。ストレスを感じると、どうしても唾液の分泌量が減少し、口臭の発生につながってしまいます。5つ目は、「心理的口臭」です。実際には口臭の発生はないにもかかわらず、自分は口臭が強いなどと自分自身で思い込んでいる場合があります。

口臭はどうしても他の人を不快にしてしまうものです。しかし、原因に対してそれぞれ対処していけば発生を抑制することができます。そして、きちんとケアをしていれば過度に気にする必要はありません。しっかりとオーラルケアをおこない、自分も周囲の人も快適に過ごせるよう心がけていくことが重要です。